入会のご案内|グレイシーバッハ 姫路 | ブラジリアン柔術*
JIU-JITSU FOR EVERYONE !

Messege From 滝川直央

グレイシーバッハ姫路の代表・海部さんと出会ったのは、私の道場がオープンして間もない時期でした。
確か5番目の入会者であったと記憶しています。
それから約5年間、彼は明確な意図を持って、柔術の技術だけでなく
グレイシーバッハの理念を学び続けてくれました。
それは多分、彼が長く打撃系格闘技に親しんできて出来上がった、
彼のポリシーに因るものだと思います。

そして漸く、2010年姫路にグレイシーバッハをオープンしてくれる運びになりました。
感謝すると共に我が事のように嬉しく思える事でもあります。

私がグレイシーバッハの道場を任せる基準は様々です。
しかしその大前提はグレイシーバッハの理念を深く理解し、共感してくれる事なのです。
私はその事を、或る意味で試合結果を出し続ける事以上に大切なのだと、
マスターカーロス・グレイシーJr.より学びました。

海部さんの柔術に対する取り組み方は、充分それに適ったものです。
紛れもなくグレイシーバッハ JAPAN内でも優れた理解者のうちの一人です。
キックボクシング・ムエタイ等の打撃系格闘技では数多くの実績があり、
またその指導方法も他の追随を許さないほど素晴らしいものです。
それ故、今だに海部さんに指導・セコンドを依頼する打撃系選手は後を絶ちません。
その豊富な経験と実績は、グレイシーバッハ JAPANオープン当初の私に多くの示唆を与えてくれるものでした。

柔術は決して人生のある時期だけ関わるものではありません。
スタートの時期に関わらず、生涯を通じて関わり続ける価値あるもの、
それがグレイシーバッハが求め、指導している柔術です。
始める動機は様々であると思います。そして求めるものも千差万別だと思います。
しかし、柔術はその全てに応えてくれるものだと信じて我々は指導を続けています。
海部さん主導のもと、姫路の地に正しくグレイシーバッハの理念・技術が
定着してくれるものと期待して已みません。

「Organized like a team , Fighting like a family」

滝川 直央